ビルメンやめとけ? リアルな口コミと辛口評価で徹底解説! 向いている人・向いていない人とは?

ビルメンテナンスとは

ビルメンは安定した仕事として人気ですが、実際には「やめとけ」という声も少なくありません。

今回の記事では、

  • ビルメンの仕事内容
  • メリット・デメリット
  • ビルメンはやめとけと言われる理由
  • リアルな口コミ
  • 向いてる人
  • 向かない人

をわかりやすく解説します。

自分に合った仕事かどうか判断できます。

目次

ビルメンテナンスとは?

ビルメンテナンスとは、

  • 商業施設
  • オフィス
  • ホテル
  • マンション
  • 病院

などの建造物の維持管理に関連する業務をさします。

略称として、ビルメンとも呼ばれています。

ビルで働く方や住人、顧客などが快適にビルを利用できる状態に保つことが主な仕事です。

次に、具体的な仕事内容について解説します。

ビルメンテナンスの仕事内容

ビルメンテナンスの仕事内容は、主に次の3つに分けられます。

  • 清掃
  • 設備管理と保守点検
  • 警備

それぞれの仕事内容について詳しく解説します。

清掃

ビルメンテナンスの清掃業務は、主に次のとおりです。

  • 床のワックスがけ
  • 窓ガラスの拭き掃除
  • 各フロアや部屋の清掃
  • 建物内の空気環境の管理
  • ゴミ袋の交換
  • 設備の清掃 など

各フロアやへの掃除、ゴミ袋の交換は日常的に実施されています。

床のワックスがけや窓ガラスの拭き掃除、設備の清掃などは定期的に行われます。

設備管理と保守・点検

設備管理や保守・点検もビルメンテナンスの業務の一部です。

主な作業として次のようなケースが考えられます。

  • 水漏れやトイレの詰まり、故障などのトラブル対応
  • 水道や電気などのインフラメーターの点検
  • 空調やボイラー、緊急自家発電などの機械類の点検や交換
  • 電球やトイレットペーパーなどの備品の点検や交換
  • エレベーターなどの日常的に利用される設備の点検

多くの人が利用する施設では、インフラや設備、備品などのトラブルはつきものです。

簡単に対応できるトラブルであれば、ビルメンテナンスの担当者で解決できます。

しかし、トラブル次第では専門業者に対応を依頼することもあります。

専門のビルメンテナンス会社で働く場合。

  • ビル設備管理技能士
  • ボイラー技士

などの専門資格が求められます。

警備

警備業務では、施設の出入り口や監視カメラをチェックします。

不審者の侵入がないかどうかを確認します。

また夜間には見回りを行います。

異常がないかどうかをチェックすることもあります。

警備を行う専門の会社に就職をすると、施設内の警備員として活躍可能です。

24時間常駐の場合は、昼夜で担当者を交代して働くことになります。

弊社では、警備のアルバイト、正社員を募集しております。

警備員についての内部リンクを配置。

マンションやデパートなどの大型施設に常駐など、他にも、さまざまな業務があります。

ビルメンのメリット

近年、ビルメンの需要は増加しており、安定した仕事として注目されています。

ここでは、ビルメンのメリットについて、わかりやすく解説します。

  • 安定した仕事
  • 福利厚生が充実
  • 資格取得の支援
  • スキルアップ
  • 社会貢献

安定した仕事

ビルメンは、景気の影響を受けにくい安定した仕事です。

建物は常に存在します。

そのため、設備管理の需要は常に存在します。

また、ビルメンは専門性の高い仕事でもあります。

そのため、一度就職すれば、長く安定して働くことが可能です。

福利厚生が充実

ビルメンは、大企業の場合は、住宅手当や家族手当などが充実している場合があります。

その他にも、交通費支給や各種手当が充実している企業も多くあります。

安定した収入に加えて、充実した福利厚生を受けられる点は、ビルメンの大きなメリットと言えるでしょう。

資格取得の支援

ビルメンの仕事では、様々な資格が必要になります。

会社によっては、資格取得のための費用を負担してくれる場合があります。

資格取得の支援を受けられるので、自己負担を抑えながらスキルアップを目指すことができます。

スキルアップ

ビルメンの仕事では、様々な設備に関する知識や技術を習得することができます。

  • 空調設備
  • 電気設備
  • 給排水設備
  • 消防設備

など、幅広い知識を身につけることができます。

これらのスキルは、ビルメンの仕事だけでなく、他の業種でも役立つスキルです。

社会貢献

ビルメンは、多くの人々の生活を支える仕事です。

ビルメンの仕事によって、建物の快適な環境が維持されます。

人々の生活が快適になります。

社会貢献度の高い仕事で、やりがいを感じられる点は、ビルメンの大きなメリットと言えるでしょう。

多様な職種

ビルメンの仕事は、大きく分けて「設備管理」と「施設管理」の2種類があります。

設備管理は、空調設備、電気設備、給排水設備、消防設備などの設備を管理する仕事です。

施設管理は、清掃、警備、修繕などの施設全体の管理を行う仕事です。

さらに、それぞれの職種の中でも、専門性の高い職種があります。

例えば、

  • 電気設備の専門知識を持つ「電気主任技術者」
  • 空調設備の専門知識を持つ「冷凍空調設備工事監督者」

などがあります。

自分の興味や能力に合った職種を選ぶことができる点は、ビルメンの大きなメリットと言えるでしょう。

転職しやすい

ビルメンの仕事は、専門性の高い仕事です。

そのため、転職しやすいというメリットがあります。

ビルメンの経験は、他の業種でも活かせるスキルです。

例えば、設備管理の経験は、製造業や建設業で活かすことができます。

施設管理の経験は、ホテルや商業施設の管理で活かすことができます。

定年後の再就職も可能

ビルメンの仕事は、定年後の再就職も可能です。

ビルメンの経験は、高齢者向けの住宅施設や介護施設で活かすことができます。

また、ビルメンの資格を持っていると、個人事業主として独立することも可能です。

ビルメンは、安定性と社会貢献度の高い仕事と言えるでしょう。

ビルメンは辞めとけと言われる理由

ここでは、ビルメンのデメリット(やめとけと言われる理由)について、わかりやすく解説します。

  • 3交代勤務
  • 体力を使う
  • 責任が重い
  • 人間関係
  • 給与

3交代勤務

ビルメンは、建物の稼働時間を考慮するため、3交代勤務が一般的です。

夜勤や早朝勤務があるため、生活リズムが乱れやすくなります。

健康への影響が懸念されます。

また、家族との時間が少なくなるなど、プライベート面でも負担が大きくなります。

体力を使う仕事

ビルメンの仕事は、重たい荷物を持ったり、高所作業を行ったりすることもあります。

体力が必要です。

年齢とともに体力的な負担が大きくなります。

つまり、長く続けにくくなる可能性もあります。

また、夜勤や早朝勤務は体力を消耗します。

そのため、体力的な負担はさらに大きくなります。

責任が重い

ビルメンの仕事は、建物の設備トラブルに対応する責任があります。

設備トラブルによって、建物の利用者や周辺住民に影響が出る場合もあります。

そのため、常に責任感を持って仕事に取り組む必要があります。

人によっては、精神的な負担が大きくなります。

人間関係

ビルメンは、チームで仕事をすることが多いです。

そのため、他のビルメンとの人間関係がうまくいかない場合。

仕事に支障が出ることもあります。

また、建物の利用者とのトラブル対応も必要となります。

こうした時には、コミュニケーション能力も重要になります。

給与

ビルメンの給与は、他の業種に比べて低い傾向があります。

責任の重さや体力的な負担を考えると、給与に見合わないと感じる人もいるかもしれません。

また、昇進の機会も少なく、キャリアアップが難しいと感じる人もいるかもしれません。

将来性

ビルメンの仕事は、AIなどの技術革新によって、将来的に需要が減少する可能性があります。

設備管理の自動化が進めば、ビルメンの仕事が減ってしまう可能性もあります。

そのため、将来性について不安を感じる人もいるかもしれません。

仕事内容が単調

ビルメンの仕事は、設備の点検や清掃など、同じ作業を繰り返すことが多いです。

そのため、仕事内容が単調でつまらないと感じる人もいるかもしれません。

また、機械や設備に興味がない人にとっては、仕事内容が魅力的だと感じられない可能性もあります。

 ビルメンに向いている人・向いていない人

ビルメンに向いている人

  • 体力に自信がある
  • 責任感が強い
  • 規則正しい生活を送れる
  • 機械や設備に興味がある
  • 人とのコミュニケーションが得意

ビルメンに向いていない人

  • 体力が弱い
  • 責任感が薄い
  • 規則正しい生活が苦手
  • 機械や設備に興味がない
  • 人とのコミュニケーションが苦手

ビルメンは、体力と責任感が必要な仕事です。

自分に合った仕事かどうか、よく考えてから判断しましょう。

リアルな口コミ

いろんな人がいて楽しい

楽しい

スキル増えすぎ

楽な常駐ビルメンは消えつつある

ビルメンの仕事が楽しいかどうかは現場次第

近年、ビルメンの需要は増加しており、安定した仕事として注目されています。

しかし、ビルメンの仕事が楽しいかどうかは、働く現場によって大きく異なると言えます。

ここでは、ビルメンの仕事が楽しいかどうかが現場次第であることを、わかりやすく解説します。

 現場環境

ビルメンの仕事は、働く現場によって環境が大きく異なります。

例えば、以下のような違いがあります。

  • 建物の種類: オフィスビル、病院、ホテル、商業施設など、建物の種類によって設備の種類や管理方法が異なります。
  • 建物の規模: 規模が大きければ大きいほど、設備の数や種類が増え、管理業務が複雑になります。
  • 設備の種類: 空調設備、電気設備、給排水設備、消防設備など、担当する設備の種類によって仕事内容が異なります。
  • スタッフの数: スタッフの数が多いほど、分担作業が可能になり、負担が軽くなります。
  • 勤務時間: 3交代勤務、日勤のみなど、勤務時間によって生活リズムが大きく変わります。

これらの違いによって、仕事内容、責任の重さ、人間関係、体力的な負担などが大きく異なり、楽しさにも影響します。

自分に合った現場を選ぶ方法

ビルメンの仕事が楽しいかどうかは、自分に合った現場を選ぶことが重要です。

  • 自分の興味や能力に合った設備: 電気設備に興味がある人は電気設備を担当する現場、機械いじりが好きな人は機械設備を担当する現場など、自分の興味や能力に合った設備を担当する現場を選ぶと、仕事に楽しさを見出すことができます。
  • 責任の重さ: 責任感が強い人は責任の重い現場でも問題ありませんが、責任感が弱い人は責任の軽い現場を選ぶと、負担が軽くなります。
  • 人間関係: 人間関係が良好な現場は、仕事が楽しくなります。
  • 体力的な負担: 体力に自信がない人は、体力的な負担が少ない現場を選ぶと、長く続けることができます。
  • 勤務時間: 自分に合った勤務時間を選ぶことで、ワークライフバランスを実現しやすくなります。

自分に合った現場を選ぶことで、ビルメンの仕事を楽しむことができます。

積極的にコミュニケーションを取る

ビルメンの仕事は、一人で黙々と作業することが多いです。

しかし、積極的にコミュニケーションを取ることで、仕事が楽しくなります。

  • 他のビルメンとコミュニケーションを取る: 他のビルメンとコミュニケーションを取ることで、情報交換や意見交換ができるだけでなく、仕事仲間として仲良くなることもできます。
  • 建物の利用者とコミュニケーションを取る: 建物の利用者とコミュニケーションを取ることで、利用者のニーズを把握し、より良いサービスを提供することができます。

積極的にコミュニケーションを取ることで、仕事にやりがいを感じられるようになります。

スキルアップを目指す

ビルメンの仕事は、資格取得やスキルアップを目指すことで、仕事が楽しくなります。

  • 資格取得: ビルメンの仕事には、様々な資格があります。資格取得することで、知識や技術を習得し、仕事の幅を広げることができます。
  • スキルアップ: 設備に関する知識や技術を習得することで、より高度な作業ができるようになり、仕事の面白さを感じられるようになります。

スキルアップを目指すことで、仕事に自信を持つことができ、さらに楽しくなります。

元ビルメンスタッフの口コミもあります。

口コミを見る時には、現場の状況をよく観察しましょう。

その上で、自分のスキルや今やりたい仕事の条件と照らし合わせてじっくり考えましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次