短気だけど優しいってどういうこと?遺伝との関係や怒らない方法を解説!

短気な性格が災いして、周囲から人が離れているように感じる人は次のような悩みを抱えていませんか?

「短気な性格をなんとかしたい!」

「短気だけど優しいと言われたい…」

短気な性格は遺伝が影響する一方で、環境の影響を受けます。そのため、心がけ次第では優しい性格への矯正も可能です。

この記事では、短気だけど優しい人のタイプを2つ紹介。さらに短気な性格でも優しい人になり、周囲から信頼される方法を紹介します。

目次

短気だけど優しい人とは

短気だけど優しい人は、普段は優しいけど突然怒り出す人と、短気を自覚して感情をコントロールしている人の2パターンにわかれます。

普段は優しいけど、突然怒り出す人

普段は笑顔でニコニコしているのにも関わらず、特定の条件や場面で突然怒り出す人がいます。怒る条件や場面は人それぞれで、イライラして感情をコントロールできなくなり怒鳴ったり、相手を罵ったりすることもあります。

ヒステリーと呼ばれることもあり、極度のストレスがきっかけとなって、病気を発症していることもあるため注意が必要です。

ストレスで感情を抑えられない場合は、解離性障害などの精神疾患の可能性もあるので、病院の受診をおすすめします。

短気を自覚して感情をコントロールしている人

短気を自覚している人のなかには、イライラはするけれど、その感情をうまくコントロールできる人がいます。そのような人は、イライラしても優しさを見せられるため、周囲からの信頼も厚いです。

怒る場面があっても自分で感情をコントロールすることで、感情の赴くままに怒鳴らずに、相手を諭すように話したり、論理的に説明できたりします。

感情をコントロールできる人は、自分が認知していることを客観的に把握する能力に長けている点も特徴。これは「メタ認知」と呼ばれ、相手の立場で怒ることができ、周囲からの信頼を得やすいタイプの人が備えている能力です。

短気な性格に遺伝が与える影響はどれくらい?

実は短気な性格には遺伝が関係していることはご存じでしょうか?短気は生まれつきなので、仕方のないことともいえるのです。

その反面、環境も影響するため、習慣を変えると短気を直せる可能性があります。

遺伝の影響は50%前後

日本心理学会の公式サイトには、次のように記されています。

遺伝子の違いがどのくらい一人ひとりの性格の違いを説明するかをふたごのデータから算出すると、だいたい50%前後になります。引用:性格は遺伝で決まるって本当ですか?|日本心理学会

性格に対する遺伝の影響は50%前後で、残りの50%は環境の影響を受けるようです。つまり遺伝の影響を考えると、ついイライラしてしまうのは仕方のないことといえるでしょう。

湧き出したイライラの感情をどのように処理していくのかが重要と考えられます。ちなみに、日本人は遺伝的に短気な人が多いといわれています。

日本人は遺伝的に短気な人が多い

日本人の多くは、セロトニンと呼ばれる脳内物質を運べる量が少ないため、遺伝的に短気な人が多いといわれています。

怒りの感情をどれくらい抑えられるのかについては、セロトニン・トランスポーターと呼ばれる遺伝子の型が関係しています。セロトニン・トランスポーターには次の3パターンがあり、遺伝子がどのパターンかによって短気かどうかが変わります。

  • セロトニンをたくさん運べる大バケツタイプ
  • 平均的なセロトニン量を運ぶ普通バケツタイプ
  • セロトニンを少ししか運べない小バケツタイプ

セロトニンは精神を落ち着かせる作用があるため、なるべく大きなセロトニンを運べる遺伝子の人が、怒りにくいことになります。

日本人の場合、ちょっとしたことでイライラする短気な小バケツタイプの人が多いとされています。

残りの50%は環境の影響

短気かどうかを決定づける要素は、50%が遺伝で残りの50%は環境です。自助努力で変えられる環境に目を向けると、短気で怒りっぽい性格を優しい性格へと変えられるかもしれません。

たとえば先述したメタ認知の能力を鍛えたり、イライラしない生活習慣を心がけたりすると、自分で感情をコントロールできるようになる可能性があります。その結果、周囲から優しい人と思われるようになり、信頼を得て人が集まってくるかもしれません。

次項では、短気な人が優しい性格になる方法について解説します。

短気だけど怒らないためにはどうする?優しい性格になる方法

短気な人が怒らずに優しい性格になるためには、次の方法を実践してみてください。

  • 日記を付ける
  • 深呼吸をする
  • 十分な睡眠時間を確保する
  • 相手に過度な期待をしないようにする
  • ストレスを発散させる
  • 柑橘系の香りを楽しむ
  • 運動習慣を身に付ける
  • 瞑想をする

日記を付ける

日記を付けて自分の感情を客観視すると、メタ認知を鍛える訓練になります。また日記を通して自分の怒りのポイントを分析すると、イライラしないように事前に対策を講じることも可能です。

日記を付ける際には、物事に対してどのように感じたのかを織り交ぜて書くようにするとよいでしょう。

深呼吸をする

怒りの感情がわき起こってきたら、深呼吸をするようにしましょう。深呼吸をすると、自律神経がリラックスに傾き、イライラ感が和らぎます。理屈を考えなくても、イライラしたら機械的に深呼吸を行うだけでも効果があります。

十分な睡眠時間を確保する

短気を改善するためには十分な睡眠時間の確保が、とても大切です。睡眠不足になると、心身がリラックスしづらくなるため、知らず知らずのうちに攻撃的になったり、イライラしやすくなったりします。

最近、短気になった気がする場合、睡眠が足りていないのかもしれません。厚生労働省によると、6時間~8時間が適正な睡眠時間と考えられています。(参考:良い睡眠の概要|厚生労働省

少なくとも6時間の睡眠をとるように心がけましょう。

相手に過度な期待をしないようにする

「相手は自分のことを理解してくれる」「自分の思うように動いてくれる」などと相手に過度な期待を持たないようにしましょう。人の考え方はそれぞれで異なり、理解する能力にも個人差があります。

そのため相手に過度な期待を寄せても、それを裏切られることは頻繁に起こり得ることです。

自分の思い通りにいかないことを当然と考え、相手に過度な期待を寄せないと、期待通りにいかなくても心を平穏に保ちやすくなります。平穏な心で過ごすと、相手を思いやる余裕が生まれ、周囲の人に優しくできます。

ストレスを発散させる

ストレスを発散させる術を身に付けると、感情をコントロールしやすくなります。映画を見たり、スポーツを楽しんだりして自分なりのストレス発散法を見つけましょう。

ストレスを発散させると過去のイライラしたできごとを忘れて、気分をリセットできます。

柑橘系の香りを楽しむ

柑橘系の香りには、心を落ち着ける効果が期待できます。たとえば、次のような柑橘系のアロマオイルで部屋を彩ったり、香りを持ち歩いたりするのもおすすめです。

  • オレンジスイート
  • マンダリン
  • ベルガモット
  • グレープフルーツ
  • ユズ
  • ライム
  • ビターオレンジ

アロマオイルを持ち歩く際には、スプレー式の容器に入れたり、ハンカチに軽く染み込ませたりするとよいでしょう。

運動習慣を身に付ける

運動をするとエンドルフィンやドーパミンといった高揚感をもたらす脳内物質が放出されるため、イライラしにくくなります。

また運動習慣を身に着けると、睡眠の質の向上も期待できます。睡眠の質が向上すると、精神状態を健全に保ちやすくなり、怒りにくくなるでしょう。短気な性格を抑えて、優しい性格を維持しやすくなります。

瞑想をする

瞑想をすると自分の感情を客観視できる時間を作れるため、メタ認知能力を育みやすくなります。

瞑想は自分の感覚に意識を向けることで、イライラや不安などの感情に流されないようにすることです。イライラや不安に流されている自分に気づけると、自分の感情を客観視できます。

短気だけど感情をコントロールして優しい性格になりたい人には、瞑想を習慣にすることをおすすめします。

短気な自分を自覚して優しい人になろう!

短気な人でも自分の感情をコントロールできるようになると、周囲から優しい人と思われ信頼を集めることができます。

感情をコントロールするためには、メタ認知を身に付けたり、イライラしない生活習慣を身に付けたりすることが大切です。今回は短気だけど優しい性格になるための方法について解説したので、ぜひ実践してみてください。

弊社の求人は、短気な人からの応募も大歓迎です。その理由は短気な人は決断が早かったり、情熱を持っていたりすることもよくあるからです。決断力や情熱を、ぜひ弊社の現場仕事に活かしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次