友達を大切にする人の特徴とは?友達を大切にする理由や友情を保つ秘訣を解説!

「友達に裏切られたくない…」「相手に大切な友達と思われたい!」という悩みを抱えていませんか?

友達から大切に思われたい場合は、まずは自分から友達を大切にすることが重要です。今回は、友達を大切にする人の特徴や友達が大切な理由について解説します。大人になっても友達関係を続けるコツについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

目次

友達を大切にする人の特徴

友達を大切にする人には次の特徴があります。

  • 相手に依存しない
  • 相手の秘密を他言しない
  • 連絡をする
  • お金の貸し借りをしない
  • 話を聞いてくれる
  • 約束を守る
  • 相手の幸せを喜べる

相手に依存しない

友達同士の依存関係とは、友達に頼らないと問題を解決できなかったり、何も決められなかったりする状態をさします。もしくは、友達に過剰に執着する状態も依存といえるでしょう。

たとえば何かを実行するたびに、友達の助けや意見を求めたり、友達が他の誰かと仲良くしていると嫉妬したりする状態は依存しています。依存が続くと、相手が友達関係を負担に感じてしまい、関係性が破綻する恐れがあります。

本当に友達を大切にするのであれば、友達とは適度に距離を保ちつつ、関係を継続させることが大切です。

相手の秘密を他言しない

友達を大切にする人は、相手の秘密を他言しません。友達の秘密を他言すると、友達が困ったり、損害を被ったりする恐れがあります。

友達のことを思うのであれば、友達が生きていくうえで不利になるようなことはしないようにしましょう。

連絡をする

友達関係は連絡を取り合うと継続しやすくなります。そのため友達関係を大切にしたい場合は、定期的に連絡をとるとよいでしょう。

連絡をすることが友達関係を大切にする必須条件ではありませんが、友達関係を続けるためのひとつの手段となります。

ただし過剰に連絡をとるのは避けるべきです。相手の負担のない間隔で連絡をとるようにしましょう。

お金の貸し借りをしない

お金の貸し借りをすると、人間関係が破綻するリスクがあります。そのため友達を大切にしたいのであれば、お金の貸し借りをしようとはしないはずです。

すぐに返せるような金額であっても、なんらかのトラブルや急な出費で返せなくなることもあり得ます。友達関係を続けたい場合は、お金の貸し借りは避けるようにしましょう。

話を聞いてくれる

友達を大切にしているのであれば、悩みや相談事があった場合にあなたの話を聞いてくれます。また相手があなたに悩み事を相談してくる場合は、あなたのことを友達と思ってくれていると考えられます。

相手を友達として大切に思っている場合は、快く話を聞いてあげましょう。

約束を守る

大切な友達との約束は、必ず守るようにしましょう。約束を破ることは信頼の裏切り行為と見なされることもあるため、友達関係が破綻する恐れがあります。もし約束を守れない状況になったら、早めに友達に話して謝るようにしましょう。

相手の幸せを喜べる

友達の幸せを素直に喜ぶと、相手も幸せな気持ちになります。そうなると、相手は今後も友達関係を続けたいと考えるようになり、信頼関係はより強化されるでしょう。

あなたに幸せが訪れた際も、大切な友達であれば、あなたの幸せを素直に喜んでくれるはずです。

友達が大切な理由

友達が大切な理由は、次のとおりです。

  • 一緒に楽しい時間を共有できる
  • 悩みを相談できる
  • 人生を豊かにしてくれる
  • 成長できる

友達がいなくても楽しく生きていける人もいますが、友達がいた方が人生は豊かになります。

一緒に楽しい時間を共有できる

友達がいると一緒に楽しい時間を共有できます。友達は家族や恋人と同じように深い絆で結ばれた関係ですが、その性質はまったく異なります。

家族や恋人には話せないことでも友達であれば話しやすかったり、家族や恋人では行きづらいところでも友達と一緒であれば行けたりします。

つまり友達がいれば、家族や恋人とは一緒に体験できないことを体験できるのです。友達とともに、他では味わえない楽しい時間を過ごせます。

悩みを相談できる

友達に悩みについて相談すると、一人で考え込むよりよい解決法が出てくる可能性があります。仕事の悩みや人間関係、家族関係など、友達であれば相談しやすいことも多いのではないでしょうか。

大切にしている友達であれば、本心から率直な意見が聞けるので、解決への有効手段も見つけやすくなるでしょう。

人生を豊かにしてくれる

友達にも、さまざまなタイプがあり、各タイプの友達が人生を豊かにしてくれます。

▼友達のタイプ

  • 見方でいてくれる友達
  • 趣味がある友達
  • 仲間を紹介してくれる友達
  • 一緒にいるだけで楽しい友達
  • 閃きを与えてくれる友達
  • 相談に乗ってくれる友達
  • 切磋琢磨して一緒に頑張れる友達

さまざまなタイプの友達を大切にすることで、あなたの視野が広がったり、人生を生きやすくなったりします。豊かな人生を過ごすためにも、友達はかけがえのない存在です。

成長できる

友達のなかには、率直にあなたのダメなところを指摘してくれる人もいます。指摘されたダメなところは、あなたが成長するための足かせになっているかもしれません。

友達の忠告を素直に受け止めて、弱点を修正するといままでの自分よりも成長できる可能性があります。たとえば自分の話し方や身なり、癖などに関するダメなところは、なかなか自分では気づけないものです。

それらを友達から率直に注意してもらうことで、弱点に気づくことができ、成長の糧になります。

大人になっても長く友情を保つ秘訣

大人になっても長く友情を保つためには、次の秘訣を守ってみてください。

  • 余裕をもった付き合いをする
  • 人間関係に、適度な距離感を保つ
  • 相手に無理に合わせようとしない

それぞれについて解説します。

余裕をもった付き合いをする

余裕をもった付き合いとは、相手の状況に配慮して期待通りにならなくても寛容な精神で接することです。

たとえば大人になると友達にも家族ができ、家族サービスの時間が増えると、一緒に過ごせる休日が減ってしまうこともあります。

そのような場合に、相手に対して「付き合いが悪くなった」と考えるのではなく、「家族と過ごす時間も大切だよな」と相手の立場を考えてあげることが大切です。

また子どもの急な発熱などで約束が反故になった場合も、友達として相手の子どもの心配をしてあげることが大切でしょう。

人間関係に、適度な距離感を保つ

大人になっても友達関係を維持するためには、相手の価値観や立場を尊重しつつ適度な距離感で付き合うようにすることが大切です。

大人になって歳を重ねるに従い、家族や仕事などで若いころよりも多くの責任を抱えるようになります。

友達とはいえ話せないことも増えてくるし、立場が異なることで話が合わなくなることもありえるでしょう。

大人になると年齢に従い、付き合い方も変化することを理解できると、友達関係が続きやすくなります。

相手に無理に合わせようとしない

大人になると友達と価値観が合わなくなったり、境遇や立場がまったく異なったりすることで付き合いづらくなることもあります。

そのような場合は、無理に相手に合わせずに友達と距離をとるのもひとつの手段です。無理に合わせようとすると、さらに友達関係が窮屈に感じられ、人間関係自体を終わらせたいと考えるようになる恐れがあります。

一旦は距離をとって、また機会があれば友達に連絡するくらいのスタンスで気軽に構えると友達関係を続けやすくなります。

友達を大切にして楽しい人生を過ごそう

友達を大切にすると楽しい人生を過ごせます。今回は、友達を大切にする人の特徴や友達が大切な理由、大人になっても友達関係を続けるためのコツについて解説しました。

すぐに実践できることも紹介しましたので、ぜひ参考にして友達と楽しい時間を過ごしてみてください。

弊社では、20代や30代を中心に楽しく一緒に働いてくれる仲間を募集しています。年間を通してイベントも開催しているので、友達を作りやすい楽しい職場です。興味がある場合は、ぜひ応募してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次