一人暮らしで簡単に安く料理を作るには?おすすめのズボラ飯を紹介!

お問い合わせ

仕事の探し方がわからない、どのような仕事が自分に合っているのかわからないなど、お仕事に悩んでいたらエクストで一緒に働いてみませんか。いろんな業種があるから、自分に合った働き方ができるのはエクストならでは。仲間と一緒に思い出づくりができ、仕事もプライベートも充実!これがエクストの魅力です。

「一人暮らしの生活費を抑えたい!でも、自炊が面倒…」と考えている場合は、簡単にできるズボラ飯を作ってみてはいかがでしょうか?

調理時間が10分もかからないうえに、おいしく作れるズボラ飯がたくさんあります。今回は、YouTubeで紹介されていたズボラ飯のなかから、厳選して5つの簡単で安く作れる料理を紹介します。

ズボラ飯を作ってみたいと思う人は、ぜひ参考にしてください!

目次

一人暮らしにおすすめのズボラ飯5選

ここではおすすめのズボラ飯を5つ紹介します。

  • 混ぜるだけ!3分でできるズボラ飯
  • 卵とウインナーでできるドンぶり
  • めんつゆで作る白菜の卵とじ
  • 10歳でもできて簡単!卵チャーハン
  • 10分で作れるカレー

簡単で安く作れる料理を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

混ぜるだけ!3分でできるズボラ飯

混ぜるだけでできるので、3分もあればズボラ飯が完成します。材料は次のとおりです。

【材料】

  1. ツナ缶 1缶
  2. かつお節 1袋
  3. マヨネーズ 適量
  4. 醤油 適量
  5. ごはん 茶碗1杯
  6. 海苔 適量
  7. 生卵 1つ

作り方の手順は、次のとおりです。

【手順】

①1~4の材料を混ぜる

②ごはんの上に海苔を載せる

③1~4の材料を混ぜたものを海苔を載せたごはんの上にかける

④さらに、その上に生卵を載せる

完成したズボラ飯がこちら。

ツナマヨの鉄板レシピと一緒に、卵と海苔を一緒に食べられるので、おいしいこと間違いなしです。忙しくてなかなかご飯を作る余裕がない場合は、ぜひお試しください。

詳しい作り方【YouTube】

卵とウインナーでできるドンぶり

次に卵とウインナーでできるドンぶりを紹介します。まずは必要な材料を準備しましょう。

【材料】

  1. 材料(1人前)
  2. バター 5g
  3. ウィンナー(細かく切る) 2本
  4. 卵 1個
  5. 焼肉のたれ 大さじ
  6. ケチャップ 大さじ½
  7. おろしニンニク 3cm
  8. ご飯 1杯分
  9. ブラックペッパー 適量

次の手順に沿って作ってみましょう。

【手順】

①ウィンナーを縦に4等分する

②4等分したウィンナーをみじん切りの要領で0.5cmくらいに切る

③フライパンにバターとウィンナーを入れて表面がカリっとなるまで弱火で炒める

④炒めたウィンナーをフライパンのうえで1箇所に集めて卵をかける

⑤卵の白身が白くなるまで弱火で加熱する

⑥材料の5~6を混ぜ合わせてタレを作る

⑦作ったタレを⑤のフライパンの中に入れる

⑧⑦を煮詰めたらごはんの上に載せる

⑨ブラックペッパーを⑧の上に適量かける

完成品はこちらです。

簡単でシンプルにも関わらず、悪魔的にうまいズボラ丼の完成です。ケチャップ味が好きな人は、ぜひお試しください。

詳しい作り方【YouTube】

めんつゆで作る白菜の卵とじ

めんつゆで作る白菜の卵とじは次の材料で作ります。

【材料】

  1. 白菜 1/8個 
  2. めんつゆ 100cc
  3. 水 100cc
  4. みりん 大さじ1
  5. 天かす お好み量
  6. 卵 2つ
  7. 七味/山椒 (お好み)
  8. うどん 

作り方の手順は、次のとおりです。

【手順】

①白菜1/8個を一口大に切っていく

②切った白菜をフライパンに入れる

③白菜の入ったフライパンに2~4の調味料を加える

④沸騰したら蓋をして、中火で加熱する(時おり白菜を混ぜる)

⑤白菜に日が通ったら、天かすととき卵を加える

⑥蓋をして数分煮込む

完成品はこちらです。

お好みで七味や山椒をかけて、うどんと一緒に食べるとおいしいです。

詳しい作り方【YouTube】

10歳でもできて簡単!卵チャーハン

簡単にできる卵チャーハンに必要な材料は次のとおりです。

【材料】

  1. ご飯 150g
  2. 卵 2個
  3. 塩 3つまみ
  4. 白コショウ 少々
  5. 酒 小さじ2
  6. サラダ油 小さじ2

卵だけで作るシンプルなチャーハンなので、ぜひ実践してみてください。手順は次のとおりです。

【手順】

①フライパンにサラダ油を入れる

②油の入ったフライパンにとかずに卵を入れる

③目玉焼き状になった卵の上にご飯を載せる

④しゃもじでご飯を切りながら卵とごはんを混ぜる

⑤全体的に塩をまぶしてご飯をほぐす

⑥酒をフライパンに入れる

⑦火を止めて白コショウを少々混ぜる

完成したチャーハンがこちらです。

チャーハンを食べるときにスプーンで醤油を加えるとおいしく食べられるようです。

詳しい作り方【YouTube】

10分で作れるカレー

カレーを作ろうとすると、野菜を切ったり、煮込んだりして面倒。一人暮らしだと作る気がしない場合もあるでしょう。そのような場合は、この簡単カレー作りを試してください。材料は次のとおりです。

  • 水 300cc
  • タマネギ 1/2個
  • ニンジン 1/2本
  • 薄切り豚バラ肉 120g
  • にんにく 1欠(なくても良い)
  • 生姜 1欠(なくても良い)
  • ごま油 適量
  • 鶏ガラスープの素 大さじ1弱
  • 豆板醤 小さじ1(好みに応じて)
  • カレー粉1 大さじ1
  • 砂糖 大さじ半
  • 醤油 大さじ1
  • オイスターソース 大さじ1弱
  • 片栗粉
  • 福神漬け
  • ザーサイ
  • ラー油

材料を揃えたら、作ってみましょう。入れる調味料が、今まで紹介したズボラ飯に比べて細かいので間違えないようにしてください。

【手順】

①タマネギやニンジンを薄切りにする

②にんにくやショウガをみじん切りにする

③フライパンにごま油を入れてニンニクやショウガを炒める

④火力を強めて豚バラ肉を入れる

⑤肉が白っぽくなったら野菜を入れる

⑥火を弱めて豆板醤とカレー粉を入れる

⑦豆板醤とカレー粉を食材に絡めたら水と鶏ガラスープの素を入れる

⑧砂糖と醤油、オイスターソースを加える

⑨火力を弱めて水に溶いた片栗粉を加える

⑩火力を強めてひと煮立ちさせる

手順通りに勧めて、ライスにカレーを載せ、お好みに応じて福神漬けやザーサイを付けるとカレーが完成します。

詳しい作り方【YouTube】

ズボラ飯で食費を抑えるためのポイント

一人暮らしでせっかく自炊するなら、なるべく食費も抑えたいと思う人も多いのではないでしょうか。次のポイントを押さえると、食費を抑えられます。

  • 自炊の回数を増やす
  • 買い物の回数を減らす
  • 保存をする

自炊の回数を増やす

外食で提供される食事や、スーパーで販売される惣菜には、人件費や包装費などが上乗せされます。そのため、自炊の回数を増やした方が圧倒的に食費を抑えられます。

また中途半端に少ない回数で自炊すると、食材が余ってかえって食費がかかることも。自炊をする場合は、なるべく回数を増やして習慣づけることをおすすめします。

買い物の回数を減らす

スーパーで売られている食品は、小分け商品よりも、まとめて売られている商品の方が安く購入できます。

そのため、可能な限りまとめて買って買い物の回数を増やすと、その分食費も抑えやすくなります。

ただし、自炊の習慣がない場合は、いきなりまとめ買いするのはおすすめしません。まとめ買いをして、自炊が続かなかった場合、食材が無駄になってしまいます。

はじめは小分けで購入して、自炊が習慣になってからまとめ買いをするようにしましょう。

保存をする

まとめて作って冷凍保存をすると、作る際の材料費を安く抑えられます。さらに、作り置きがあれば、自炊が面倒に感じたとき外食してしまうのも避けられるでしょう。

仕事で疲れたときは、簡単に作れるズボラ飯を作るのも嫌になります。ズボラ飯は冷凍保存して、いつでも食べられるようにしておきましょう。

ズボラ飯すらも作りたくない場合の対処法

ズボラ飯すら作りたくない場合は、次の対処方法があります。

  • レトルトや総菜で済ます
  • 冷凍食品を買いだめする
  • デリバリーを頼む
  • まかない付きのアルバイトをする
  • 寮付きの職場で働く
  • 家事代行サービスを利用する

ズボラ飯を作るよりも費用のかかることが難点ですが、必要に応じて利用するとよいでしょう。

レトルトや総菜で済ます

昨今は、さまざまなレトルト食品や惣菜が販売されていて、おいしい食べ物も多いです。外食するよりも費用がかからないので、自炊をしたくない場合は、利用するとよいでしょう。

スーパーの8時以降などは、惣菜が割引で売られていることもあるので、仕事の残業で帰りが遅くなったらスーパーに寄ってみるのもおすすめです。

冷凍食品を買いだめする

冷凍食品を買いだめしておくと、家を出たくないときにすぐに食事を準備できます。種類が豊富でおいしい商品も多いので、好みのものを買いだめしておくとよいでしょう。

デリバリーを頼む

デリバリーを頼む方法もありますが、けっこう費用がかかるので、たまに利用するようにした方がよいでしょう。

ウーバーイーツを利用すると、さまざまな店から商品を配達してもらえるので便利です。友人が遊びにきたときなどは、ウーバーイーツで済ませる人も多いのではないでしょうか。

デリバリーを頼むと、商品代×10%もしくは数百円くらいの配達料がかかる点は注意しましょう。なるべく費用を抑えたい場合は、店舗に取りに行くことをおすすめします。

まかない付きのアルバイトをする

まかない付きのアルバイトをすると、格安でプロの料理人が作った食事を食べられます。しかも仕事の後に食べるまかない料理は格別です。

食費を抑えつつ、おいしいご飯を食べたい場合はまかない付きのアルバイトで働くのもひとつの手段です。

寮付きの職場で働く

寮付きの職場で働くと、食事付きの寮で一人暮らしができる可能性があります。会社の福利厚生の一環として提供されるので、寮費と食費ともにかなり安く抑えられている場合が多いです。

貯金をしたい場合は、寮付きの職場で住居費と食費ともに大幅ダウンさせるとよいでしょう。

家事代行サービスを利用する

家事代行サービスは、高給で働く人におすすめのサービスです。昨今は料理を作ることに特化した家事代行サービスも提供されていて、首都圏を中心に利用できます。

ただし家事代行サービスを利用すると、1回の利用で1~3万円くらいかかるので、給与の少ない場合はなかなか利用できないかもしれません。経済的に余裕がある場合は、家事代行サービスの利用も検討するとよいでしょう。

ズボラ飯で料理を簡単に安く!一人暮らしを楽しもう

今回は簡単で安く作れるズボラ飯を5つ紹介しました。自炊で食費を抑えたいけど、時間をかけたくない場合はズボラ飯を作ってみてください。簡単で安い料理を作って、一人暮らしを満喫しましょう!

弊社では、さまざまな職種で働いてくれる人を募集しています。家賃の安価な寮で暮らすこともできるので、生活費を抑えたい人にはおすすめです。興味がある場合は、ぜひ求人に応募してみてください。

お問い合わせ

仕事の探し方がわからない、どのような仕事が自分に合っているのかわからないなど、お仕事に悩んでいたらエクストで一緒に働いてみませんか。いろんな業種があるから、自分に合った働き方ができるのはエクストならでは。仲間と一緒に思い出づくりができ、仕事もプライベートも充実!これがエクストの魅力です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次