【建築の要】上棟荷揚げとは?工程、費用、注意点まで徹底解説!

上棟荷揚げとは

家を建てる際、「上棟荷揚げ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

上棟荷揚げは、建物の骨組みとなる柱や梁などの部材をクレーンや手作業で吊り上げ、組み立てていく重要な工程です。

今回の記事では、

  • 上棟荷揚げの具体的な工程
  • 費用
  • 注意点

などをわかりやすく解説します。

上棟荷揚げとは?

上棟荷揚げとは、建物の骨組みとなる柱や梁などの部材をクレーンで吊り上げ、組み立てていく工程です。

一般的に、基礎工事が完了した後に行われます。

上棟荷揚げは、建物の構造体を作る重要な工程です。

専門業者によって行われます。

目次

上棟荷揚げの工程

上棟荷揚げは、建物の構造体を作る重要な工程です。

専門業者によって行われます。

具体的な工程は以下の通りです。

部材の搬入

建物の骨組みとなる部材をトラックで現場に搬入します。

部材には、柱、梁、桁、垂木などがあります。

これらの部材は、事前に工場で加工されています。

部材の仮置き

部材をクレーンで吊り上げやすいように、地面に仮置きします。

部材は、種類や大きさごとに分類して仮置きされます。

基礎への取り付け

柱を基礎に固定します。

柱は、アンカーボルトと呼ばれる金属製のボルトで基礎に固定されます。

アンカーボルトは、基礎工事の際に埋め込まれています。

梁の組み立て

柱に梁を組み合わせて、建物の骨組みを作ります。

梁は、柱と柱を繋ぐ部材です。

梁は、金具やボルトで柱に固定されます。

棟木の取り付け

屋根の頂点となる棟木を取り付けます。

棟木は、屋根の形状を決める重要な部材です。

棟木は、梁や桁に固定されます。

その他

上棟荷揚げの工程には、上記以外にも以下の作業が含まれます。

  • 屋根の下地の取り付け
  • 壁の下地の取り付け
  • 開口部の取り付け

これらの作業は、上棟荷揚げの後に順次行われます。

上棟荷揚げの注意点

  • 天候: 雨天や強風の場合は、作業が中止になることがあります。
  • 安全対策: ヘルメットや安全帯などの安全装備を着用する必要があります。
  • 近隣への配慮: 騒音や振動など、近隣への影響に配慮する必要があります。

一都三県で楊重、荷揚げ屋をお探しの方へ

弊社では、荷揚げスタッフの人員不足をサポートしております。

一都三県の現場を中心にご相談に対応しております。

お気軽にご相談ください。

上棟荷揚げのバイトをお探しの方へ

  • 日払い
  • 寮完備
  • 履歴書や職務経歴書などを書きたくない

こんな条件で日給8000円以上、1万円以上のバイトをお探しの方は、弊社にご相談ください。

短時間で、日当1万円以上稼げるお仕事となっております。

  • 荷揚げ屋なんてやったこともない!
  • 力仕事くらいしかできることがない
  • 仕事を覚えるのが苦手

こんな方でも現場でベテランのスタッフが丁寧に指導しております。

興味がある方は、下記画像から詳細情報をご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次