短期間でサクッと稼げる!夜勤警備の仕事のススメ

いろいろな事情があって、短期間でサクッと稼ぎたい!と思う時はありませんか?

夜勤警備は年齢や経験不問なのに高時給で、働きたい分だけ働けるので人気のバイトです。

この記事では夜勤警備のバイトが稼げる理由と、好待遇の仕事探しのコツをお伝えします。

夜勤警備は職場によって仕事内容が異なるので、時給だけで選んでは後悔するかもしれません。

警備マン

この記事を読めば夜勤警備のメリットやデメリットが分かり、
働きやすい職場選びの参考になります。

目次

警備夜勤のメリット

夜勤警備のメリットは高収入だけに限りません。具体的な理由を以下に解説します。

夜勤手当で高収入が期待できる

少ない勤務日数でも、夜勤手当で手軽に収入アップできるのは強いメリットでしょう。

夜勤回数などで変化しますが、月に数万円〜十数万円程度の給料アップが見込めます。

また、多くの警備員の仕事は日給制なのもメリットの1つです。

現場の事情などで早く仕事が終わっても、給料は保証されるのはよい点といえます。

給料の高さから、夜勤の仕事をメインにしている方は多くいます。

プライベートを充実させやすい

日中や夜勤明けを有効に使えるので、プライベートを充実させたい方におすすめです。

夜勤は夕方〜夜出勤し、翌朝退勤するシフトが一般的です。

退勤後はフリーなので、人によっては夜勤明けも実質休みのように過ごせます。

効率よく働けるので、学生さんやダブルワークの方には魅力的な働き方といえます。

昼間に比べて業務量は少なめ

日中に比べると夜は交通量や人通りも少ないので、業務量も少なめです。

ルーティンワークをこなせば良い場合も多いので、慣れれば楽な仕事といえます。

ゆっくり仕事を覚えたい・黙々と仕事をするのを得意とする方に夜勤警備はおすすめです。

コミュニケーションを取る機会が少ない

夜勤警備は人と関わるのが苦手・避けたい方には、メリットの大きい働き方といえます。

夜勤の配置人数は1人もしくは少人数で、対人業務も少なめです。

チームワークをあまり要求されず、ある程度自分のペースで仕事ができます。

夜勤だと人と関わる機会は少なめなので、人間関係に悩む確率も減らせるでしょう。

夜勤警備にはデメリットもある

夜勤警備の最大のデメリットは、生活リズムの乱れで体調を崩すリスクといえます。

日勤より人数が少なく体調不良でも休みにくいので、体調管理はとても大切です。

夜勤の仕事量は職場によって差があり、現場によっては夜間でも忙しい場合もあります。

夜勤という勤務形態は合う合わないがハッキリしているので、短期間から始めるのをおすすめします。

警備夜勤の仕事内容

夜勤警備と検索するとたくさんヒットするので、未経験だと迷ってしまうかもしれません。

よく求人募集がある施設警備(1号警備)と、交通誘導警備(2号警備)の具体的な仕事内容を紹介します。

交通誘導警備(2号警備)の場合

主に夜間工事の現場で交通誘導を行う仕事になります。

人や車の流れをスムーズにし、事故を防止するのが役割です。

現場は屋外で暗くて見通しの悪い場合が多いので、自身の安全にも注意が必要です。

交通量によって忙しさが変わるので、初心者は交通量が少なめの現場を選ぶのをおすすめします。

給料は日給制の場合が多く、工事の進行具合によって仕事が早く終わることもあります。

施設警備(1号警備)の場合

施設の入退室管理や巡回、監視業務を主とする仕事です。

屋内でのルーティンワークが多いので、体力に自信がない方でも働きやすいメリットがあります。

24時間など長時間勤務の求人が多いので、慣れないうちは大変かもしれません。

夜勤警備の仕事の選び方

夜勤警備は職場によって当たり外れが大きいので、職場選びが重要です。

人手不足で求人自体は多いので、以下の点をチェックして仕事を選ぶのをおすすめします。

手当も含めた給与で仕事を選ぶ

求人を選ぶときは、夜勤手当を含んだ額で比較すると正確な比較ができます。

思ったより稼げない・逆に思った以上に稼げるというケースが少なくないためです。

時給制の場合、現場の都合で早く仕事が終わったときに思ったより稼げない可能性があります。

仮眠時間と待機時間をチェック

一般的な仕事と異なり、警備員の休憩・仮眠時間は特殊になっているので注意が必要です。

警備員の仕事は監視や待機がメインで、何かあれば勤務中はいつでも現場に駆けつける必要があります。

そのため労働基準法で定められる休憩時間の対象外となっており、休憩時間がない場合もあるのです。

だからといって休憩できないわけではなく、待機時間と仮眠時間に休憩をする「変形労働時間制」という働き方を採用している警備会社もあります。

変形労働時間制を採用する職場によっては、複数の警備員で待機時間と仮眠時間を交代で取る場合もあります。

その場合、待機・仮眠時間は勤務時間としてカウントされますが、残業代は基本的に週40時間を超えないと発生しない、など会社により条件が変わってきます。

休息が取れる設備が整っているか

設備面など、社員の働きやすさに配慮されている職場を選ぶようにしてください。

夜勤警備の勤務時間は長めなので、労働環境が悪いと過酷で割に合わない仕事になりかねません。

設備がしっかりしていて仮眠時間に少しでも身体を休められると、疲労感を軽減できます。

他にもトイレや更衣室の整備を整えているかは要チェックです。

可能なら、採用前に職場を見学するのをおすすめします。

給料だけではなく社員の働きやすさに配慮された職場を選ぶと、安心して仕事ができます。

慣れないうちは短時間から慣らす

特に夜勤経験がない方は、慣れないうちは短時間勤務をおすすめします。

夜勤は人によって合う合わないがハッキリ分かれる勤務形態です。

慣れないうちから長時間勤務をしてしまうと、疲れて事故を起こしてしまうリスクが高くなります。

交通誘導の仕事は単発・短時間の勤務が多いので、初心者でも働きやすくおすすめです。

夜勤警備のQ&A

Q.交代勤務と夜勤だけ、どちらが良い?

それぞれメリット・デメリットがあり、体力やライフサイクル次第といえます。

夜勤は長時間労働で身体に負担がかかりますが、高収入でプライベートの時間が確保しやすい働き方です。

一方で交代勤務は家族や友人と生活時間を合わせやすい分、体調管理が大変な働き方です。

両方試してみて、自分に合った仕事を選んでみるのも良いかもしれません。

Q.交通誘導の夜勤はキツそうだけど……

屋外で天候に左右される面はありますが、必ずしもキツいとは限りません。

季節によっては暑さ寒さ対策は必須となるものの、会社からも防寒具などが支給されます。

最初は暖かい季節を選び、休憩をしっかり取れる職場を選ぶのをおすすめします。

また、交通誘導は工事の状況で早く仕事が終わることも多々あります。

日給制なら現場が早く終わっても同じ給料なので、思った以上に楽に稼げるかもしれません。

Q.女性でも夜勤警備はできますか?

女性でも夜勤警備で活躍されている方はたくさんいます。

注意点として、警備業界は男性が多い業界なので女性が働くのに不向きな環境の場合があります。

女性が複数在籍している職場を選ぶと、働きやすい職場に出会える確率を上げられます。

夜勤警備なら高時給でプライベートも充実できる

夜勤警備は、仕事量が少ないわりに高収入を得られる魅力のある仕事です。

一方で長時間労働になりやすく、体調管理が難しいといった点はデメリットです。

夜勤警備の求人は交通誘導と施設警備があり、それぞれ仕事内容が異なります。

慣れないうちは、勤務時間が短めの交通誘導警備から始めて慣らすのをおすすめします。

働き方サイトでは警備員として活躍してくれる方を募集しています!副業として、隙間時間に、本業で頑張る!など働き方は自由です。興味がある方はぜひ一度ご連絡ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次