軽作業はきついって本当?理由や求人の嘘を見分けるコツを解説!

軽作業は未経験でもできる簡単な仕事が多いです。しかし中には、きつい仕事もあるため、次のような悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

「きつい軽作業ってどんな仕事?」

「きつい軽作業で働くのは避けたい…」

軽作業のなかには、確かにきつい仕事もありますが、自分に合った仕事を選べばきつい思いをせずに済みます。

この記事では、軽作業がきつい理由と作業内容を工場と倉庫に分けて詳しく解説します。きつい軽作業を避けるためにも、軽作業についてしっかり理解しましょう。

目次

工場や倉庫などの軽作業とは

多くの軽作業では、工場もしくは倉庫内で働きます。工場内勤務であれば、ベルトコンベアーで流れてくる商品や製品を検品したり加工したりするライン作業で働くことが多いです。

一方で倉庫内勤務であれば、商品が出荷される前の梱包やピッキング、仕分けがメインの仕事になります。工場勤務でも、これらの作業に携わることもありますが、倉庫勤務の場合は、ライン作業がない分、出荷前の業務が軽作業の中心になります。

次の記事では軽作業の仕事の種類について解説しているので、参考にしてください。

工場内軽作業がきつい理由とは?

工場内軽作業がきつい理由は次のとおりです。

  • 冷暖房がない工場で働くこともあるから
  • 単純作業の繰り返しだから
  • 同じ姿勢をキープするから

それぞれの項目について解説します。

冷暖房がない工場で働くこともあるから

軽作業の場合、ときには冷暖房設備がない工場で働くこともあります。冷暖房が完備されていない工場内は夏場に40度近い温度になり、冬場は10度を下回るような過酷な環境で作業することになります。

過酷な環境での労働に慣れていない場合は、耐えがたいほどにきついと感じるかもしれません。

単純作業の繰り返しだから

工場内のライン作業は同じ作業を繰り返すことが多いです。作業内容はマニュアル化されていて、流れてくる製品をマニュアル通りに組み立てたり、チェックしたりします。

同じ作業を繰り返すため、飽きてしまう人もでてくるかもしれません。また向上心を持って仕事に取り組みたい人は、仕事に面白味を感じず辞めたくなる可能性もあります。

同じ姿勢をキープするから

工場内の軽作業は立った状態をキープして作業を続けることが多いです。また作業内容によっては、座位や中腰を続けることもあるでしょう。

同じ姿勢をキープすると、筋肉や関節に負担がかかり痛みが出てきます。肩こりや腰痛に悩まされることもあり、健康面で不安を抱えることがあります。

倉庫内軽作業がきつい理由とは?

倉庫内軽作業がきつい理由は次のとおりです。

  • 繁忙期があるから
  • 冷凍庫のなかで働くこともあるから
  • 肩こりや腰痛になることがあるから

繁忙期があるから

倉庫内の作業には繁忙期が存在します。たとえば、法人向けの商品が納められている倉庫では、企業の備品の入れ替えが多くなる年末や年度末が忙しくなりやすいです。

一方で個人向け商品を出荷する倉庫では、楽天やアマゾンで開催されるセールの時期になると忙しくなります。

倉庫内の軽作業の場合、工場よりも忙しいときと、暇な時の差が激しい点も特徴です。

冷凍庫のなかで働くこともあるから

食品を扱う倉庫内で軽作業をすると、冷凍庫のなかで働くこともあります。さらに医療用品のなかにも、低温での扱いが必要となるものもあります。

寒さが苦手だったり、冷え性だったりする人は冷凍庫内での軽作業がとてもつらいかもしれません。一方で、夏場は涼しく、冬場は外気よりも温かいため、意外と快適に働けるという声も聞かれます。

肩こりや腰痛になることがあるから

倉庫内では重量物を運搬することもあるため、肩こりや腰痛になる可能性があります。また床に置かれた物を持ち上げる際に、急激に腰を痛めることもあるため注意が必要です。

日頃から物を持ち運び慣れていない場合は、体の痛みで作業を続けられないこともあるでしょう。

倉庫内での作業を終えたら、自宅でセルフケアをしたり、腰や肩に負担のかからない持ち上げ方をしたりしてケガを予防することが大切です。

軽作業が向いている人の特徴

軽作業が向いている人には次の特徴があります。

  • 単純作業が得意な人
  • 工夫しながら仕事を楽しめる人
  • 体力に自信がある人

それぞれについて解説します。

単純作業が得意な人

軽作業は同じことを繰り返すことが多いため、単純作業が得意だったり、好きだったりする人に向いています。

単純作業のなかにもやりがいを見つけ、楽しめるようになると軽作業を続けやすくなるでしょう。

また単純作業といえども、正確さや丁寧さが求められます。マニュアルに沿って忠実に作業を進められる人は、軽作業を続けやすいです。

工夫しながら仕事を楽しめる人

単純作業の多い軽作業は工夫次第で、どんどん作業をスピードアップできます。作業スピードを上げるための工夫をしながら、楽しめる人は軽作業に向いています。

正確さを維持しながら、スピードアップすると周囲からも評価されるため、軽作業が自然と楽しくなるでしょう。

体力に自信がある人

軽作業のなかには、重量物を仕分けたり、運搬したりする仕事もあります。重量物を扱う場合は、体力や筋力があった方が有利に仕事をできます。

体力に自信がない場合は、ピッキングやシール貼りなどの軽作業の中でも比較的体力が必要のない仕事を探すほうがよいでしょう。

軽作業求人の嘘を見抜いてきつい仕事を回避するコツ

軽作業の求人のなかには嘘が書かれていたり、企業にとって不都合なことが隠されていたりする場合があります。そのような求人で採用されると、仕事をはじめた際に思っていたのとは違うと感じてしまう場合もあります。

ここでは、軽作業求人の嘘を見抜く方法を解説するので、参考にしてください。

仕事内容があいまいに書かれている

仕事内容があいまいに書かれている場合は、求職者に仕事内容を知られたくない意図があるのかもしれません。

仕事内容があいまいな状態で働くことになってしまい、実際に働いてみるととてもきつい作業をさせられるリスクもあります。

仕事内容はあいまいにせず、担当者にはっきりと聞いておくことが大切です。

短期派遣の仕事

短期派遣の場合、長期で働くよりも作業内容がきつい可能性があります。長期派遣の場合は、扱う商品がだいたい決まっているため、軽い荷物を扱うような求人に応募すればきつい仕事を避けられます。

一方で短期派遣の場合、頻繁に現場が変わる上に、現場ごとに扱う商品も異なります。現場のなかには重量物をメインに扱うところもあるため、きついこともあるのかもしれません。

倉庫内の仕分け作業

倉庫内の仕分け作業は、ぎっちりと商品のつまった段ボールを扱うことも多く、持ち運びの際にきつい思いをする可能性があります。

応募者が減る可能性があるため、重い商品を扱うことを求人に書かずに、隠しているケースもあるため、注意が必要です。倉庫内の仕分けに応募する場合は、どのようなものを仕分けるのかを事前に確認することをおすすめします。

自分にあった軽作業に応募してきつい仕事を避けよう

一般的な軽作業には、工場内勤務と倉庫内勤務があります。今回は両者の仕事内容を別々に紹介しましたので、軽作業がきついかどうかを確認してみてください。

またきつい軽作業を避けるために、求人票の嘘を見破る方法も紹介しました。自分にあった軽作業で働くためにも参考にしてください。

弊社では運搬のなかでも比較的力の必要がない上棟荷揚げと呼ばれる仕事で働いてくれる人を募集しています。通常の荷揚げは力仕事のイメージがありますが、上棟荷揚げはきつくないから続けられる人も多いです。興味がある方は、ぜひ求人に応募してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次