軽作業はどんな仕事?メリットやデメリット、種類について解説!

「軽作業は、どんな仕事?」

「未経験でもできる簡単な仕事ってないかな?」

手軽にできる仕事を探す際に、以上の疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。

軽作業は誰にでも簡単にでき、接客が苦手な人にもおすすめの仕事です。手軽に収入を得たい場合は、軽作業の仕事で働いてみてはいかがでしょうか?

この記事では、軽作業の特徴やメリット・デメリット、具体的な仕事内容、種類について解説します。

目次

軽作業とはどんな仕事?

軽作業の仕事は、未経験でも簡単にできる点や接客が苦手な人でも務まる点が特徴です。軽作業の特徴について、詳しく解説します。

簡単にできる仕事

軽作業は未経験でも簡単にできる仕事が多いので、人気があります。誰にでも覚えやすいので、気軽にはじめられる点が魅力です。ただし軽作業は軽いものを扱う仕事という意味ではなく、重量物を扱う場合もある点は注意しましょう。

運搬なども軽作業に該当するため、なかには重量物を持ち運びするような仕事も存在します。

接客が苦手でもできる仕事

接客業とは異なり、軽作業の仕事はお客さんと対面で話す機会の少ない点が特徴です。そのため接客が苦手な人でも、比較的苦労することなく仕事を進められます。接客業や営業などの、対面で人と話すのが苦手な人は軽作業の仕事を探すとよいでしょう。

軽作業のメリット

軽作業のメリットは次の通りです。

  • 未経験者でも気軽にはじめられる
  • 人付き合いが苦手でも働ける
  • ダブルワークができる

各メリットについて詳しく解説します。

未経験者でも気軽にはじめられる

軽作業は覚えることが少なく、作業工程もマニュアル化されていることも多いため未経験でも気軽にはじめられます。

また資格や経験を問われないため、軽作業であれば求人の面接に通りやすい点も魅力。求人票にも「未経験OK」と記載されており、未経験者を歓迎する職場も多く見られます。

ただし未経験でもできる一方で、やはり経験があった方が給与などの条件面では有利です。たとえば、倉庫内の荷物を運搬する際に使われるフォークリフトの免許があれば、職場の選択肢が増える上に、収入も増加します。

人付き合いが苦手でも働ける

軽作業は比較的人と接する機会が少なく、もくもくと作業を進められる点が特徴です。そのため、「人付き合いが苦手…」「人と話すのがめんどう…」といった方でも働きやすいでしょう。

人見知りだったり、会話を広げたりするのが苦手でコミュニケーションに対して苦労したくない人は、軽作業の仕事を選んでみてはいかがでしょうか。

ダブルワークができる

軽作業の多くはシフト制で、少ない日数や短時間で働けます。そのため現在の仕事が休みの日や空いた時間を利用してダブルワークでも働ける点が魅力です。

ダブルワークとは2つの仕事を掛け持ちして働くことです。両方ともパートやアルバイトで掛け持ちすることが多く、軽作業のみを2件以上掛け持ちして働く人もいます。

ただし勤め先によっては、ダブルワークを禁止している場合もあります。そのためダブルワークができるかどうか、事前に確認するようにしましょう。

ダブルワークについては、次の記事も参考にしてください。

即日払いに対応可能な仕事もある

軽作業で働くと、即日払いで収入を得られる仕事の多い点が魅力。即日払いとは働いた日に給料をもらえることです。

即日払いの軽作業で働くとすぐに現金が手に入るので、すぐにお金が必要な場合におすすめです。

一方で日払いと呼ばれる支払い方式もあります。日払いは給与計算をする上での締め日が1日単位であるという意味です。そのため必ずしも、その日にお金がもらえるとは限りません。

即日払いを期待して軽作業で働く場合は、いつ給料をもらえるのかを事前に確認しましょう。

軽作業のデメリット

軽作業には、仕事に飽きたり、仕事によっては体力が必要だったりするデメリットもあります。それぞれのデメリットについて解説します。

仕事に飽きることがある

軽作業は単調な作業の繰り返しになることが多いため、飽きてしまう可能性があります。単調な仕事の繰り返しが苦手な人は、苦痛に感じるかもしれません。

また仕事が簡単に覚えられてしまうため、成長ややりがいを感じづらいかもしれません。向上心を持って仕事をしたい場合は、仕事に面白味を感じられない可能性もあります。

単調な作業に飽きないようにするためには、目標を設定する方法があります。自分の中でノルマを決めて、それを達成するために仕事を頑張るのです。自分で立てた目標といえども、達成したときはモチベーションアップにつながります。

体力が必要な仕事もある

軽作業は重量物を扱ったり、体を動かしたりすることもあるため、体力が求められる場合もあります。

軽作業で体力的にきついと感じた人は、軽作業の中でも負担の大きな仕事で働いたからかもしれません。

軽作業とひとくちにいってもさまざまです。テープを貼ったり、仕分けしたりなど比較的体を動かすことの少ないタイプもあるので、自分にあった軽作業で働くとよいでしょう。

次の記事ではきつい軽作業の見分け方についても解説しているので、参考にしてください。

軽作業の種類

軽作業の仕事内容には次のような種類があります。

  • 検品
  • ピッキング
  • 梱包
  • シール貼り
  • 仕分け
  • 運搬

それぞれの内容について解説します。

検品

検品は商品や製品を出荷する際に、不良品や異物混入の有無をチェックする仕事です。検品をすることで、商品の品質を一定に保てます。

多くの場合、ベルトコンベアに乗って流れてくる商品を順番に確認します。その際はチームを作り、そのチーム内で担当者を割り当てて検査を行います。

ピッキング

ピッキングとは商品や製品を出荷する前に、注文を受けたり、指示を受けたりしたものを選ぶ作業です。最近は電子端末を通して注文や指示を受けるので、その通りに商品や製品を選びます。間違いがないように集中力を要する仕事です。

梱包

梱包ではピッキングされた商品や製品をダインボールに入れたり、包装紙で包んだりします。運搬中に商品が壊れないように緩衝材を入れる場合もあります。

シール貼り

シール貼りの軽作業では、商品や製品にシールやラベルを貼ります。この軽作業は工場や倉庫内で行うことが多く、ベルトコンベアで流れてくる商品にシールやラベルを貼ります。

商品や製品に直接貼る以外にも、段ボールや包装紙に貼ることもあります。作業自体は複雑ではなく、簡単ですが、指定された場所に素早く正確に貼るスキルが求められます。

仕分け

仕分けは指定された場所や容器に商品や製品を分ける作業です。重量物を仕分ける際は、体力を要することもあります。

正確に仕分けるだけではなく、次の工程に進めやすいように考えながら仕分ける必要があります。難易度は高くないのですが、経験によってスピードや正確さに違いが出る仕事と言えます。

運搬

運搬は、届いた商品を倉庫やバックヤードに入庫する作業や、出荷の際に所定の場所に運び出す作業を担当します。

他にも、工事現場では荷揚げと呼ばれる作業のなかで運搬に携わることがあります。運搬の際には、台車を使ったり、フォークリフトなどの器械を使ったりします。

工事現場で運搬に携わる場合、荷揚げ屋と呼ばれる職種で働くことがあります。荷揚げ屋はきつい印象もありますが、現場によっては軽作業程度の力量で運べる仕事もあります。弊社で募集している上棟荷揚げは、荷揚げの中でも比較的体力が必要なく、さらに高収入です。興味がある方は、弊社の求人に応募してみてください。

軽作業は誰でもできる!未経験でもチャレンジしてみよう

軽作業は未経験者でもチャレンジしやすく、誰にでもできる仕事です。今回は軽作業のメリットやデメリット、種類について解説したので参考にしてください。

屋外で単純作業に携わりたい場合は、荷揚げ屋にチャレンジするのもおすすめです。荷揚げ屋は工事現場内で、資材を運搬したり、仕分けたりします。

弊社が募集している上棟荷揚げは、体力を要する他の荷揚げとは異なり、比較的体力を使わず作業ができます。高収入も期待できますので、ぜひ応募してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次