体を動かすおすすめの仕事を男女別に紹介!メリットや注意点についても解説

「体を動かす仕事に就きたいけど、どんな仕事がおすすめ?」

「体を動かす仕事は健康にもいい?」

以上の疑問を抱えている場合は、この記事が役に立ちますよ。この記事では体を動かす仕事を男女別に紹介。さらに体を動かす仕事で働くメリットや健康的に働くための注意点についても解説します。

体を動かす仕事に就きたいと考えている場合は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

男性におすすめの体を動かす仕事

男性におすすめの体を動かす仕事は次のとおりです。

  • 建設業
  • スポーツインストラクター
  • 警備員

各職業の仕事内容やおすすめのポイントを解説します。

建設業

建設業はビルや住宅などの建築や道路や橋梁、河川などの公共インフラで土木工事を行う仕事です。ひと口に建設業といっても、鳶職や大工、土工、荷揚げ屋などのさまざまな職種があります。その多くが体を動かす仕事であるため、自分に合った職種を選べる点も魅力。

なかでも、荷揚げ屋はひたすら体を動かして、マッチョな体づくりがしたい人におすすめの仕事。モノを持ち上げる力仕事がメインで、指示された場所に運ぶ単純作業の繰り返しです。荷揚げ屋について詳しく知りたい場合は、次の記事を参考にしてください。

スポーツインストラクター

スポーツインストラクターは、自分でも体を動かして人々にトレーニング指導をする仕事です。スポーツジムで活動することが多く、利用者に対して次のような指導をします。

  • マシンの使い方を教える
  • ダンスレッスンをする
  • スイミングスクールで泳ぎ方を教える など

最近はダイエットや健康維持、スポーツパフォーマンスの向上のためにジム通いする人が増えています。体を動かす仕事のなかでも、若年層に人気がある仕事です。

収入を上げるために、スポーツインストラクターからパーソナルトレーナーとして独立を目指す人もいます。

警備員

警備員は施設巡回で歩く機会が多いため、体を動かす仕事に該当します。歩くことで適度な運動ができるため、健康的な働き方がしたい人におすすめの仕事。

また企業が警備員を雇うためには、研修を行うことが義務化されているため、未経験からでもはじめやすい点も魅力です。1~4号警備のタイプ別に仕事内容が異なるため、自分に合った働き方を選べます。

次の記事では、警備について詳しく解説していますので、参考にしてください。

女性におすすめの体を動かす仕事

女性におすすめの体を動かす仕事は次のとおりです。

  • スポーツインストラクター
  • 家事代行
  • 警備員

各職業について解説します。

スポーツインストラクター

女性がスポーツインストラクターになると、さまざまな方法で体を動かしながら働けます。たとえば、次のような女性インストラクターならではの働き方ができます。

  • 産婦人科などで妊娠中や産後の患者さんに適度に体を動かすように運動指導をする
  • 女性向けのヨガインストラクターとして自宅開業する
  • 女性専用のパーソナルトレーニングジムで働く

健康志向の女性は多いため、女性のスポーツインストラクターはさまざまな場所で活躍できるでしょう。また女性であれば、顧客ターゲットを女性に絞りやすい点もメリット。なかには、多くの女性の憧れの存在として活躍するインストラクターもいます。

家事代行

家事代行は女性のなかでも主婦として働いてきた人が取り組みやすい仕事です。主婦が日頃からやっている掃除や洗濯、料理などのスキルをそのまま活かして仕事ができます。

家事は体を動かす代表的な仕事の1つ。体を動かすことが好きな人にもぴったりの仕事ではないでしょうか。

警備員

最近は女性の警備員が増えていることはご存じでしょうか?女性が警備員になった場合も、施設巡回や道路の交通整理などで適度に体を浮かせます。重量物を運ぶなどのハードな仕事ではないため、体を程よく動かしたい女性にはおすすめです。

また女性ならではの気配りや、同性への対応がしやすいなどのメリットがあり、女性警備員を求める職場もあります。次の記事では、女性が警備員として働くメリットについて解説していますので、参考にしてください。

体を動かす仕事のメリットは?

体を動かして働くと、達成感を味わったり、健康になれたりするメリットがあります。他にも特別なスキルや資格が不要で未経験でも取り組める仕事が多い点も魅力です。体を動かす仕事のメリットについて解説するので、参考にしてください。

達成感を味わいながら楽しんで働ける

体を動かす仕事は、働きながら充実感や達成感を味わえる点が魅力。体を動かす仕事は現場仕事が多いため、業務の成果を実感しやすいのです。

たとえば建設業であれば、構造物が出来上がる過程を目の当たりにできます。またスポーツインストラクターであれば、顧客がボディメイクに成功して笑顔になった瞬間を見て達成感を持てます。

デスクワークよりも健康的に働ける

体を動かす仕事は、デスクワークよりも健康的に働けます。デスクワークは仕事中に座っている時間が長い点が特徴。日頃から座っている時間が長い人は、座っている時間が短い人と比較して寿命が短く、肥満や糖尿病、心疾患の割合が高いことがわかっています。

とくに1日9時間以上座っている人は、将来明らかに死亡リスクが高くなることが報告されているのです。体を動かす仕事であれば、日中に座る時間も短くなるため、デスクワークよりも健康的に働けるといえます。

はじめは特別なスキルや資格が不要

体を動かす仕事の多くは、特別なスキルや資格なしで働けることが多い点も魅力です。自分自身の体を動かして、未経験からでも働けます。また業務に必要な内容であれば、入社後に資格取得を支援してくれることもあります。

資格取得でキャリアアップを目指せる

勤め先によっては資格取得支援制度が設けられている場合もあります。そのため警備員や建設業をはじめとした体を動かす仕事に就くと、安価に資格取得できる可能性があります。

資格取得支援制度とは、従業員の資格取得を企業が金銭面でバックアップする制度です。バックアップを受けられるのは、企業が業務上必要と認めた資格です。企業が資格取得に必要な教材費や受験費用の一部を負担してくれます。

体を動かす仕事の注意点

体を動かす仕事に就く場合は、仕事以外でも運動をして働き過ぎないようにしましょう。体を動かす仕事を長く続けるための注意点について解説します。

仕事以外でも運動をした方がいい

体を動かす仕事についても、トレーニングやストレッチを実践するなどして仕事以外でも体を動かすようにしましょう。

なぜなら、体を動かす仕事は同じ動作を繰り返す場合が多いからです。同じ動作を繰り返すと、体の一部に負担がかかってバランスを崩すことがあります。体のバランスを整えるためにも、体の全体を動かすようなストレッチやトレーニングを日頃から実践することをおすすめします。

また仕事で体を動かしても、心臓や血管を鍛えられるほどに心拍数が上がることは少ないです。心臓や血管は年齢とともに衰えます。そのため、ランニングや早歩きなどを取り入れて、心拍数を上げ心臓や血管などの循環器系を鍛えるようにしましょう。

働き過ぎないようにする

働き過ぎると体調不良に陥って、働けなくなります。また集中力低下によって事故につながる可能性もあるため注意しましょう。

働き過ぎを防ぐためにも、法律で決められている労働時間や休日を把握しておくことをおすすめします。労働時間や休日に関しては、法律で次のように定められています。

  • 雇用者は労働者を1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいない
  • 雇用者は労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけない
  • 雇用者は少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を労働者に与える必要がある

体を動かす仕事に挑戦してみよう

今回は男女それぞれにおすすめの体を動かす仕事を紹介しました。男性であれば、建設業やスポーツインストラクター、警備員がおすすめ。女性の場合は、スポーツインストラクターや家事代行、警備員がおすすめです。

弊社では荷揚げや警備員、建方鳶などの体を動かす仕事を募集しています。すでに多くの従業員が体を動かしながら仕事の達成感を味わっています。仲間で楽しく働けるように、イベントも開催していますので、興味があればぜひ申し込んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次