警備員は結婚できない?就職の際に気を付ける警備会社の見分け方を解説!

警備会社の見分け方

警備員はその業務内容ゆえ、結婚したくてもなかなか結婚できないというイメージが強くあるようです。結婚したい。でも、疲れてしまって休日は出掛けることもままならない。そんな人も多いのではないでしょうか。

ここでは、警備員が結婚に近づける方法に加え、ホワイトな警備会社の見分け方についても詳しく解説しています。

警備マン

今は独身だけれども、ゆくゆくは結婚したいと望んでいる警備員の人は、ぜひ一度読んでみてください。

目次

警備員が結婚できないと言われている理由

まずは、警備員が結婚できないと言われている理由について深掘りしていきましょう。

不規則な労働時間で休日も決まっていない

何と言っても、この理由がいちばんではないでしょうか。

警備員の労働時間は不規則であり、会社員のようにカレンダーどおりの休日ではありません。シフト制が主流で、ほとんどの警備員が時給または日給であるケースが多いです。勤務時間が長いほど給料が増えるため、長時間労働になってしまうパターン。プライベートな時間が確保できず、人と出会う時間が取れないという理由が考えられます。

また、GWやお盆、年末年始といった大型連休は警備員の需要が高くなる時期です。

出会いの場やイベントが開催されても参加できない。まとまった休日が取りにくい点も、結婚できないと言われている理由だと思われます。

体力的な疲労が大きく休日は体を休めることが多い

疲労がたまって、休日は体を休めることが優先になってしまう点も、理由のひとつでしょう。

警備員はほぼ立ちっぱなしで業務をこなすため、肉体的な疲労がたまりやすくなります。気候の影響を受けやすい屋外が職場であるケースも多く、とにかく体力を使う仕事です。

休日は休むこと優先になってしまうのも無理はありません。なかには、家を出ない人もいるでしょう。出会いの機会が少なく、恋愛する余裕もないのが実情です。

男性が多い労働環境

警備員はやはり男性が多いので、必然的に職場環境も男性ばかりになります。ですので、職場恋愛に発展することがあまりなく、結婚が遠ざかってしまうのでしょう。職場以外で積極的に出会いを探す必要があります。

けっして給料が高いとは言えないイメージがある

警備員は、給料があまり高くないというイメージがあります。

男性の年収は、相手にとって結婚できるかどうか、ひとつの判断材料になることが多いです。あまりに給料が安いと、それだけで結婚の対象から外れてしまう場合もあります。また、自分の生活だけで精一杯な人もいるかもしれません。

警備員が結婚しやすくなるためには?

警備員が結婚から遠ざかっている理由としては、やはり労働環境に起因しているケースが多いでしょう。したがって、労働環境を改善することが大切になってきます。

プライベートな時間も確保できる労働環境で働く

プライベートな時間もきちんと確保できる環境で働くことです。

自由に使える時間が多くなると、まず体をきちんと休ませられます。休日もアクティブに活動できるようになるでしょう。出会いの場に出掛けたり、婚活パーティーなどに参加したりできる分、出会いの可能性も広がるかもしれません。

今よりも給料を上げる

自分の生活がやっとできるくらいの給料だと、結婚なんて夢のまた夢…。結婚することすら考えられない人が多いのではないでしょうか。

今よりもたくさん稼げるようになって経済的に余裕が出てくると、趣味を楽しめたり出会いの場にも参加できたり、できることも増えていきます。また、給料が上がるとそれだけ仕事で認められたと実感できるので、自分に自信を持てるようにもなりますね。

結婚に近づくにはホワイトな警備会社を選ぶことが大切。
ホワイト企業のメリットとは?

結婚できる可能性を広げるには、タイトルにもあるように待遇の良いホワイトな警備会社を選ぶことが大切です。この項目では、ホワイトな警備会社のメリットを解説します。

昇進昇給制度がある

警備会社で働くうえで、昇進制度があることや待遇の良さは重要なポイントです。

なぜなら、自分の実績や努力が適切に評価される環境だからです。昇進という形で評価されると自身のモチベーションに繋がり、経済的な安定にも繋がります。

弊社では、管理職への昇進制度があります。手当による給料アップが見込めますよ!
管理職については、以下の記事を参考にしてください。

ワークライフバランスが確保できる

働きながらもきちんとワークライフバランスが確保できる職場も、ホワイト企業の特徴と言えます。

シフト制が主流なので、会社員のように­決まった休日があるわけではありません。ですが、休みたい日に確実に休めるなど柔軟なシフト制度が整っている会社では、自身の予定やライフスタイルに合わせて働けるため、プライベートも大切にできるでしょう。

弊社ではシフト制の自由出勤体制なので、自分の時間もしっかり確保できます。
平日のみ、土日のみの出勤体制もOKです。

教育制度が整っている

教育や研修制度の充実している点も、ホワイト企業の魅力。

教育・研修制度が整っていれば、入社したばかりのスタッフでも安心して業務に取り組めます。また、フォロー体制がしっかりしているかも重要なポイント。新たな現場に配属された際に適切なサポートがあれば、不安にならずに業務に集中できます。

福利厚生が手厚い

給与と同じくらい大切なのが福利厚生。福利厚生が充実している会社はその分働きやすい環境と言えるので、長く勤められるでしょう。

最低限あってほしいのは、社会保険・雇用保険・労災保険といった保険関係。そのほか、交通費や家賃補助もついていれば働きやすくなりますね。

資格取得やスキルアップへのサポートがある

資格取得やスキルアップへのサポート制度があることも、ホワイト企業の特徴です。

警備会社であれば、施設警備業務検定や雑踏警備業務検定などの取得をサポートします。資格取得にも検定料がかかりますが、検定料を会社側が負担してくれるため、資格取得にも前向きになれるでしょう。

【要チェック!】警備会社の見極め方のポイント

この項目では、ホワイトな警備会社の見極め方のポイントを紹介します。会社を受ける前に、ぜひすべて実践してみてください。

会社の公式HPをチェックする

まずは会社の公式HPをチェックしましょう。

仕事内容や勤務時間などの求人情報は言うまでもありませんが、社員の写真があるか定期的に更新されているかを確認してください。

社員の写真があるということは、会社が社員を信頼している証ともなります。もし辞める人が多い職場であれば、写真を載せることもしないはず。実際の仕事の様子もイメージしやすくなりますし、会社の雰囲気も何となく掴めてくるのではないでしょうか。

定期的に更新されているかも大切なポイント。しっかり情報を伝えたいという情報発信に積極的な会社は、ホワイトである可能性が高いです。

弊社の求人サイトには、具体的な記載や写真があります。こちらもチェックしてください。

なかでも福利厚生を重点的にチェック

会社を調べるにあたって、なかでも福利厚生を重点的にチェックしてください。

給与ばかりを見てしまいがちですが、福利厚生も同じくらい大切な要素です。

各種保険や残業代、休日手当は言うまでもなく、「制服貸与」や「交通費支給」といった細かい部分にも目を通しましょう。

警備会社のなかでも、制服や装備品は自腹で購入、現場までの交通費も自分で負担という会社もあるようです。しかし、記載がないだけかもしれないので、面接時に必ず会社に確認するようにしてください。

会社の公式SNSをチェック

会社の公式SNSがあれば、そちらもチェックしてください。

SNSはホームページよりも更新がしやすいため、情報発信を大切にしている会社であれば、こまめに更新しているはずです。社内の雰囲気や社員のプライベートなどもわかるかもしれません。

弊社では、Instagramでも常に情報を発信しています。最新情報をチェックできるだけでなく、会社の雰囲気やどのような人が働いているかもわかりますよ。ぜひチェックしてみてください。

面接時の対応をチェック

会社の雰囲気が直にわかるのは、面接時です。

公式HPによいことが書かれていても、実態はそうではない会社も珍しくありません。面接時には、こちらが会社を判断するつもりで担当者の言動に注目してみましょう。

必ず行ってほしいことは、募集要項に書かれていた内容の確認です。勤務地や勤務時間、給与額、福利厚生などについて質問して、書かれていたことと違っていたり、あいまいな答えしか返ってこないようだったりした場合、その会社は入社しない方がよいでしょう。

会社の雰囲気はどうか、オフィスがきれいであるかもチェックしてください。

まとめ

警備員はなかなか結婚できないというイメージが強いですが、それは職場環境に起因しているところが多いです。

給料が安いといった悩みや、仕事とプライベートの両立などの悩みは、ホワイトな職場に入社することで解決できることも多く、結婚できる可能性が高くなるかもしれません。

ホワイト企業の見分け方はいくつかのポイントがありますので、就職や転職をする際にはぜひ実践に移してみてください。

このサイトでは、チャレンジ精神のある警備員を募集しています。柔軟にシフトを組むことが可能なので、プライベートも大切にできます!

警備マン

警備員の仕事に少しでも興味がありましたら、お気軽に問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次