ダブルワークにおすすめの職業10選!バイトと在宅ワークに分けて紹介!

ダブルワーク(Wワーク)をすると、1つの職場で働くよりも大幅に収入を増やせる点が魅力。なかには、3つ以上のアルバイトを掛け持ちしてWワークをしている人もいるようです。

これからWワークをはじめようと思っている人の中には、次のような悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

「在宅でできるWワークをはじめたい」

「未経験者でも楽にできるWワークを知りたい」

「Wワークの注意点は?」

この記事では、以上のように考えている方に向けておすすめのWワークを10個紹介します。紹介するWワークはバイト編と在宅ワーク編に分けて5つずつ解説するので、きっと自分に合った仕事を探すヒントになります。

Wワークの注意点についても解説するので、ぜひ参考にしてください。

目次

Wワークとは

Wワークは複数の職場で働きながらも、いずれも正社員ではない状態を指すのが一般的です。

たとえば、飲食店のアルバイトとして働きながら、さらに警備のアルバイトで働いている状態はWワークに該当します。

副業との違い

Wワークは受け持っている複数の仕事で、いずれも正社員以外で働いているのに対して、副業は正社員として働く本職を持ちながら、別の仕事をしている状態を指します。

たとえば、企業の事務員として正社員で働きながら飲食店でアルバイトをする場合は、飲食店のアルバイトが副業に該当します。

おすすめのWワーク5選【バイト編】

アルバイトで働けるおすすめのWワークは次のとおりです。

  • イベントスタッフ
  • デリバリースタッフ
  • 軽作業
  • 清掃スタッフ
  • 荷揚げ屋

それぞれのアルバイトの仕事内容を解説します。

イベントスタッフ

イベントスタッフの仕事内容は、次のようにさまざまです。

  • 会場の設営や撤収
  • お客様の受付・案内や誘導
  • グッズ販売

会場の設営や撤収は体力が求められる仕事です。給与は即日払いのこともあり、すぐに収入が必要な場合におすすめです。

デリバリースタッフ

デリバリースタッフは、自転車やバイク、自動車などで料理や商品を配達する仕事です。特定の店舗にアルバイトで雇われて、配達をするのが一般的ですが、デリバリーサービスに登録して配達の依頼を受ける働き方もあります。

昨今はウーバーイーツの広がりで、デリバリースタッフとして自由な働き方をする人も増えてきました。

軽作業

軽作業は工場や倉庫などで、商品の組み立てや梱包、運搬などを行う仕事です。比較的人と話すことが少ないため、コミュニケーションが苦手な人にもおすすめです。

仕事内容によっては、体力を消耗することもあるため、求人に応募する際は求人票をしっかりとチェックして自分に合った仕事選びをすることが大切です。

次の記事では、軽作業の仕事について詳しく解説しているので、参考にしてください。

清掃スタッフ

清掃スタッフは企業のビルや公共施設、インフラなどの清掃を行う仕事です。日常生活で行う掃除のスキルを活かせるため、覚えることの少ない点が特徴。また比較的自分の都合に合わせたシフトを組みやすいため、Wワークでも働きやすい点も魅力です。

荷揚げ屋

荷揚げ屋とは、工事や建築現場でトラックで搬入された資材を下ろしたり、指定の場所まで運んだりする仕事です。

重量物を扱うことが多く、比較的体力が求められる仕事と言えます。しかし働き方しだいでは高収入を目指せ、なかには荷揚げ屋として独立する人もいます。次の記事では、荷揚げ屋について解説しているので、ぜひ参考にしてください。

弊社では、荷揚げ屋で働いてくれる人を募集しています。同じ職種でなければWワークも可能ですので、興味がある方は、求人情報をチェックしてみてください。

おすすめのWワーク5選【在宅ワーク編】

在宅ワークが可能なおすすめのWワークは次のとおりです。

  • データ入力
  • Webライター
  • Webデザイン
  • 動画編集
  • シール貼り

それぞれの仕事内容を紹介します。

データ入力

データ入力はクライアント企業から与えられる紙媒体の情報をパソコンに入力する仕事です。自宅にパソコンがあれば在宅でもできる上に、募集されている仕事も多いため人気があります。

Webライター

Webライターはクライアント企業や個人の指示のもとに、インターネット上で読まれる文章を作成する仕事です。パソコンを所持していて、文章をかければ比較的簡単に誰にでもはじめられます。

Webデザイン

Webデザインは、ホームページや広告用のサイトを作成する仕事です。コーディングやデザインに関する専門知識が必要なため、未経験からチャレンジする場合は勉強する必要があります。

しかし最近はノーコードでサイトを作成するサービスを利用できるため、以前に比べると初心者でも働きやすくなりました。

動画編集

動画編集はインターネット上で視聴される動画を作成する仕事です。昨今はユーチューバーの動画や企業のPR・広告動画を作成する案件が多く、これからも伸びしろのある職種です。

動画編集のスキルを得たり、ソフトの購入したりする必要があるので、初心者にとっては少し難易度の上がる仕事といえます。

シール貼り

シール貼りは、商品や郵便物にシールを貼る仕事です。在宅でシール貼りをする場合は、業者からシールを受け取り、自宅で作業を完了して業者に納品する流れです。単純作業をコツコツと、丁寧にこなせる人に向いています。

Wワークをする場合の注意点

Wワークをする場合は、次の点に注意しましょう。

  • 現在働いている職場でWワーク禁止ではないか確認する
  • 両立が可能であるかどうかをチェックする
  • 確定申告を行うこと

Wワークでのトラブルを避けるためにも大切なことなので、しっかりと守るようにしましょう。

現在働いている職場でWワーク禁止ではないか確認する

職場のなかには、アルバイトであってもWワークや副業が禁止されている場合があります。またWワークが禁止ではなくても、同じ業界の他社でアルバイトをすることが禁じられている場合もあります。

Wワークをする予定である場合は、採用面接などでWワークが可能であるかどうかを面接官に確認することをおすすめします。すでに仕事を持っている場合は、企業の就業規則を確認してWワークが禁止されていないかどうかチェックしましょう。

両立が可能であるかどうかをチェックする

スケジュールや自身の体力を考えたうえで、本当に両立が可能であるかどうかチェックしましょう。

とくに残業が多かったり、慢性的に人手不足だったりする職場は注意が必要です。その場合、勤務時間が変則的になりがちでWワークとして働いていた仕事に遅刻する恐れがあります。

確定申告を行うこと

Wワークをする場合、すべての仕事について確定申告をする必要があります。正社員として働いていてアルバイトなどで働く場合も、仕事で得た収入は確定申告が必要なので、注意しましょう。

Wワークにおすすめの仕事は多い!挑戦してみよう

今回はWワークにおすすめの仕事を10個紹介しました。比較的未経験者でもはじめやすい仕事を紹介したので、ぜひ参考にしてください。

またWワークの注意点についても3つ解説しました。Wワークでの就業禁止の有無や両立の可否、確定申告について確認して仕事上のトラブルを避けましょう。

弊社では荷揚げ屋で働いてくれる人を募集しています。同じ職種でなければWワークも可能ですので、興味がある方はぜひご応募ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次