明日を生きるためのお金がないときはどうする?すぐにできる対処法8選!

明日生きるお金がない

「毎月使い過ぎるから、お金がない」

「明日の生活費どうしよう…」

以上のように明日を生きるためのお金がない状況になると、いろいろと不安になって眠れなくなりますよね。

  • 明日の生活費が…
  • 家賃が…
  • お金がない状況でどうすればいい?

今回の記事では、

明日を生きるためのお金がないときの緊急時の対処法

頼れる支援制度

についてわかりやすく解説します。

目次

明日を生きるお金がないときの緊急時の対処法8選

明日を生きるためのお金がないと、生活が成り立たないため、切羽詰まった状況といえます。早めに何とかする必要がありますよね。次の8つの対処法を紹介するので、参考にしてください。

  • 役所に相談する
  • 日雇いの仕事をする
  • 所持品を売る
  • フードバンクを利用する
  • 自己アフィリエイトをする
  • 助けを求める
  • 民間支援を利用する
  • 外出を控える

それぞれについて解説します。

役所に相談する

お金に困ったときは、自治体や国が運営する役所や公共機関に相談するのも1つの手段です。生活に困った人のために少額の貸付けや家賃の一部負担など、失職や生活苦に対するさまざまな支援制度があります。具体的な制度は次のとおりです。

  • 失業保険
  • 生活保護
  • 疾病手当金
  • 家賃支援金
  • 緊急小口貸付制度

自分にあった支援制度を利用して、明日を生きるためのお金がない状況を乗り切りましょう。

日雇いの仕事をする

心身が健康であれば、日雇いの仕事をするのもおすすめです。日雇いの仕事をする場合、即日払いに対応してもらえる仕事を選びましょう。

すぐにお金が必要な場合は、翌月末払いの日雇い仕事を選ばないように注意してください。求人票をチェックした際に、即日払いに対応することが書かれている仕事で働くと、働いた当日にお金をもらえます。

所持品を売る

お金になりそうな所持品を売ると、すぐにお金を手に入れられる可能性があります。最近はジモティーやメルカリなどのフリマサイトやアプリを利用することで、インターネットを通じて所持品の売買ができます。

もしくは近所のリサイクルショップを利用するのもよいでしょう。ブランド品や貴金属を買い取ってもらう場合は、通常のリサイクルショップではなく、質屋でプロに鑑定してもらうことをおすすめします。

フードバンクを利用する

生きるために必要な食料をフードバンクで支援してもらうのも1つの手段です。フードバンクとは、包装ミスや印字ミスなどで一般では販売できなくなった商品を無償で提供する団体です。

フードバンクの団体に直接連絡をしたり、市町村の自治体に相談したりするとフードバンクを利用できます。「フードバンク 地域名」でインターネット検索をすると、近所で活動しているフードバンクの団体についての情報が手に入ります。

自己アフィリエイトをする

自己アフィリエイトとは、自分でアフィリエイト広告から申し込んで、商品やサービスを購入をすることでお金が手に入る仕組みです。

アフィリエイトは通常であれば、サイトやブログで広告を宣伝して紹介費用として報酬を得る仕組みです。自己アフィリエイトの場合は、自分に対して商品やサービスを紹介して報酬を得ます。

お金がない場合は、資料請求や口座開設、アプリのダウンロードなど無料でもできる自己アフィリエイトを実践してみるとよいでしょう。

助けを求める

  • 家族や友人に相談する
  • 地域の福祉事務所に相談する
  • 民間支援団体に相談する

知り合いに相談しにくい時には、福祉事務所や民間支援団体を優先しましょう。

民間支援を利用する

  • フードバンク
  • NPO法人
  • 宗教団体

などを頼るのも選択肢の一つと言えます。

外出を控える

頻繁に外出をしている場合は外出を控えることで、出費を減らせます。

そのため、手元にお金が残りやすくなります。

頼れる支援制度

公的な支援制度

公的な支援制度は、生活に困窮している人を助けるために国や自治体が提供している制度です。

代表的な制度は以下のとおりです。

  • 生活保護: 最低限度の生活を送るための費用を支給
  • 緊急小口資金制度: 一時的に生活費が不足している人に貸付
  • 母子父子寡婦福祉資金貸付制度: 母子家庭や父子家庭の生活資金を貸付
  • 国民健康保険料の減免: 国民健康保険料を支払えない人への減免制度
  • 住宅扶助: 家賃を支払えない人への助成制度

民間支援

民間支援は、NPO法人や宗教団体などの民間団体が提供している支援です。

代表的な支援は以下のとおりです。

  • フードバンク: 食料品を無償で提供
  • NPO法人: 生活相談、就労支援、家計相談など
  • 宗教団体: 生活支援、食事提供、衣服提供など

明日生きるお金がないときは、まず冷静になり、状況を把握しましょう。

上記で紹介した対処法や支援制度を参考に、適切な解決策を見つけてください。

一人で抱え込まず、周囲に助けを求めることも大切です。

住む場所を失いそうな方へ

日雇い派遣で寮完備の会社があるのをご存じですか?

寮完備の会社を選べば、住居費を大幅に節約することが可能です。

生活を立て直すことができます。

ここでは、

寮完備の日雇い派遣のメリット

をご紹介します。

寮完備の日雇い派遣のメリット

  • 住居費を抑えられる: 寮費は比較的安価で、光熱費も込みの場合が多いです。
  • 生活環境を整えられる: 家具や家電が揃っているので、すぐに生活を始められます。
  • 食事が提供される場合がある: 食費を節約できます。
  • セキュリティがしっかりしている: 女性でも安心して暮らせます。
  • 同じ境遇の人と交流できる: 仲間と支え合いながら生活できます。

おすすめの日雇い派遣の仕事

仕事が続かない。

すぐに辞めてしまう。

日雇いでも日当が気になる!

こんな方におすすめの仕事をご紹介します。

荷揚げ業

  • 手作業による仕事
  • 将来は資格を取得したい方にもおすすめ
  • 食事付きの寮もある
  • 各種サポート制度が充実

警備員

  • 寮完備の求人数が豊富
  • 交通費支給制度あり
  • 研修に参加するだけで報酬あり

仕分け・梱包・ピッキング・商品管理

  • 軽作業系が多い
  • 製造業の仕事が体験できます
  • 食品や電子機器など種類がいろいろあります。

倉庫作業

  • 肉体的に軽い仕事が多い
  • 経験者優遇だが、未経験者でも応募可能
  • 日給1万円~

工場作業

  • 立ち仕事が多い
  • 経験者優遇だが、未経験者でも応募可能
  • 日給1万円~

イベントスタッフ

  • 接客や販売の経験が活かせる
  • 短期間の仕事が多い
  • 日給1万円~

日雇い派遣で寮完備の会社を選べば、住居費を抑えられるだけではありません。

光熱費や水道代などの生活費も負担が軽減します。

つまり、生活を立て直すことができます。

ぜひ、上記の情報を参考に、自分に合った会社・求人を見つけてください。

参考情報:

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次